日本初! 筋膜はがし・パーソナルストレッチの「ストレッチの達人」

日本初!筋膜をはがすことで筋肉の癒着を改善し可動域を向上させる最高のパーソナルストレッチです

 臨床ビッグデータからの
ストレッチ&ブログ

相反抑制と可動域の関係は

相反抑制と可動域の関係は、運動の制御と筋肉の協調的な働きに関する重要なメカニズムです。以下にその概要を説明します:

相反抑制とは
相反抑制(reciprocal inhibition)とは、特定の筋肉が収縮するときに、その拮抗筋(反対の動きをする筋肉)が弛緩する現象を指します。このメカニズムは、効率的な動きと関節の安定性を維持するために重要です。

例えば、肘を曲げるとき、上腕二頭筋(曲げる筋肉)が収縮し、同時に上腕三頭筋(伸ばす筋肉)が弛緩します。これにより、スムーズな運動が可能となります。

相反抑制と可動域の関係
相反抑制は、可動域の拡大においても重要な役割を果たします。具体的には、次のような影響があります:

1. **柔軟性の向上**: ストレッチングやリハビリテーションの際に、相反抑制を利用することで、拮抗筋の弛緩を促し、目的の筋肉をより効果的に伸ばすことができます。これにより、関節の可動域が広がります。

2. **筋肉の協調性**: 運動中に正しく相反抑制が働くことで、筋肉の協調性が向上し、無駄な緊張や力の浪費を防ぐことができます。これにより、動作が滑らかになり、可動域の制限が減少します。

3. **神経系の調整**: 定期的な運動やストレッチングを通じて、相反抑制を効果的に活用することで、神経系の働きを最適化し、筋肉と関節の動きをより自由に制御できるようになります。

実践例
相反抑制を利用した可動域の拡大には、いくつかの方法があります。例えば:

- **動的ストレッチ**: 筋肉を動かしながらストレッチを行うことで、相反抑制を利用しつつ、筋肉の柔軟性を高めます。
- **PNFストレッチ**: プロプリオセプティブ神経筋促通法(PNF)は、筋肉の収縮と弛緩を組み合わせたストレッチ方法で、相反抑制を活用して柔軟性を向上させます。

まとめ
相反抑制は、筋肉と関節の動きを協調的に制御するための重要なメカニズムであり、可動域の拡大においても大きな役割を果たします。適切な運動やストレッチングを通じてこのメカニズムを効果的に利用することで、柔軟性を向上させ、効率的な動きを実現できます。

ストレッチの達人(商標登録)
福岡 広島 兵庫 大阪 名古屋 東京 札幌

最高のパーソナルストレッチをお客様に ストレッチの逹人 筋 膜はがしストレッチ、肩甲骨はがしストレッチ
  骨 盤はがしストレッチ、頭蓋骨はがしストレッチ登録商標

全国共通お問い合わせ番号

TEL:050-7109-5530

お問合せ11時~19時

新宿店

〒160-0023
東京都新宿区6-16-7

大阪店

〒550-0014
大阪市西区北堀江1-6
【心斎橋駅】

兵庫三宮店

〒650-0021
プライベートスタジオの為ご予約時にお知らせします。

札幌店

〒060-0062
プライベートスタジオの為ご予約時にお知らせします
【山﨑スタジオ】

名古屋店

〒450-0001
プライベートスタジオの為ご予約時お知らせします
【山﨑スタジオ】

福岡店

〒810-0041
プライベートスタジオの為ご予約時お知らせします
【山﨑スタジオ】

広島店

〒730-0036
プライベートスタジオの為ご予約時お知らせします
【山﨑スタジオ】

モバイルサイト

ストレッチの達人スマホサイトQRコード

モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!